ブログ

東京・大阪間の新型夜行バス「ReBorn(リボーン)」に乗ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

どーもこんにちは、できるだけ無駄な時間を排除したい前田コアラです。

今回は、出張で「ウィラートラベル」の東京~大阪線を走っている新型夜行バス「ReBorn(リボーン)」に乗ってみたので感想をば。

出張の移動の時間が苦痛だったり、「寝てたら目的地ついてたわぁ〜」って人にはとってもいい夜行バスだと思いました。

スポンサーリンク

新型夜行バス

ところで、この夜行バスはなぜ「新型」かって?

ウィラーの”最高の休息”シリーズで、”上質な睡眠”に追求したので「新型」なのでございます。
2017年2月17日(金)から運行してるから「新型」なのでございます。

まぁ、きっかけは、興味本位で。
”新しい”っていわれてるから乗ってみました。

 

※縦長画像で失礼しました。

でも、縦長画像じゃないと伝わりにくい\(^o^)/

ちゃんと乗り方を丁寧に指示してくれている

机になる部分にシールでどう乗るかの説明が書いてあります。

 

テーブルを開くとこんな感じ。
私の愛用Macも、ガッシリ感があって大満足しております。

テーブルに記載されていた「フットレスト」はこんな感じ。

え、これで快適に眠れるの?
なんか不安定っぽい…と思いながら、最初は、リクライニングをせずフットレストに足をおいていたのですが…

「足が短くて足がフットレストに届かない〜><」

となっておりました。

でも、安心ください。
リクライニングしたらフットレストにらくらく足は届きます(笑)
そして、本当にゆりかご?に乗っているようなふわっと感がありますから。

思ったより快適。

設備も充実

コンセントは、右側の手元付近(手を置く部分の端っこ)にありました。
Macは左側に充電さすところがあるので、自分の体を充電ケーブルが横切り、ちょっと不快(笑)。

そしてコンセントの手を置く部分の上には、リクライニングボタン。
これでぐ〜っと横になれます。

背もたれが下がるのではなく、座っているところがぐ〜っと前に出ていきます。

だから足が短い私でもフットレストにらくらく足がかかります♪

 

左側には、手元に光る読書灯のONOFFボタン。

バス内の電気は、1度目の休憩までは、緩やかな光が灯っていましたが、1度目の休憩が終わると、完全消灯。
なので、このスイッチをONにして、手元の読書灯で本を読むこともできます。

ただ、2度めの休憩から「お休みの方もいらっしゃいますので、バス内アナウンスはしません〜」と言っているにも関わらず、通路の電気は完全に明るくなるんですw

まぁ、通路がかなり狭いから、コケないようにという配慮なんでしょうけど…
それにしても明るくなるので、アイマスクは準備いただいてましたが、(あまり良いものではないのか…?w)毎回起きてしまいました。

隣の女性は、毛布を持参していて、光を遮るように頭からかぶっていました。
あれ、いいなぁ。

バスの通路は思っていたよりも狭い

バスの通路、正直めっちゃ狭いです。
ギリギリ通れるぐらい。
バッグとか持ってたら、抱え込んで通らないと通れません。

口コミとかで、「通路が狭い」ということは聞いていたのですが、写真ではそこまで狭さは伝わらなかったし、私は、短期出張だったので荷物は多くはないため「大丈夫だろう〜」と舐めてかかっておりました…
が、自分のバッグを抱えて移動することに。

やっぱり狭かった。

仮に全く荷物がなくても狭いです。

シェルターに当たると、寝ている人を起こしてしまいそうだし、すごく移動に気をつかいました。
一番後ろの席にしてしまったのですが、通路が狭くて移動しにくかったので、ほぼ休憩で降りたくない気持ちになりました。

「PAでは降りたい!」と思っている人は、できるだけ前の席のほうがいいかも。

その反面、「PAでは起こされたくない!降りたくないから寝ていたい!」という人は、一番後ろの席の方がいいですね。

トイレについて

このバス、トイレは付いていないです。

トイレに関しては、緊急事態のために…私はついていたほうが嬉しいけど、匂いが気になる、汚いという人もいるし、どちらとも言えないなぁ。と思います。

総評

夜行バスは夜行バス。移動が長けりゃしんどいだろう。

と思っていたのですが、その面に関しては、考えを覆されました。
夜行バスでもしっかり寝れた。
それも、すごく気持ちよく。

体が痛くなったりはしなかった。

ただ、やはりバスなので、狭さはしょうがないのかな。と思いました。
今回は3列席の1列席側は埋まっていて、2列席しか空いていなかったのですが、これ、隣に人がいたらしんどいだろうなと思いました。

真横に人がいると本当に嫌w

それも、寝てるんでしょう。
顔が見えないように仕切りもないし。

ということで、次に利用するときは、1列席もしくは、ギリギリに予約して2列席で隣がいない場合のみ利用しようと思いました。

このバスは10,800円で、格安かと言われればそうとは言えませんが…18,000円のドリームスリーパーも、今度試してみたいなと思っております。
(寝台列車も利用してみたい!!!)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す