ブログ

デキる人になりたいなら勉強をしすぎてはいけない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは。半分徹夜のKOALAです。
今日は面白い記事を見つけたのでシェア。

「デキない人ほど眠る時間を削っている」

つまり、デキる人になりたいなら、勉強とか自分磨きとかやってるんじゃなくて「寝ろ」ってことなんですね。

今日の私には耳が痛い記事。

大前提 【デキない人ほど眠る時間を削っている】
小前提 【KOALAは眠る時間を削っている】
結論  【KOALAはデキない人】

とのことで。

くそうw
わかってはいるものの…くそうww

スポンサーリンク

仕事をこなすために多くの人が睡眠時間を削っている。統計を見ても日本人の睡眠時間は年々短くなっている。

6時間の睡眠は短いそうですよ。

私は平均6時間ですが、あなたは何時間眠っていますか?

「長時間睡眠をとったほうが脳のポテンシャルが上がる」という興味深い実験結果がアメリカで発表された。スタンフォード大学睡眠障害臨床研究所のシェリー・マーが行った実験は次のようなものだ。

スタンフォード大学って聞くだけで「すごい」って思ってしまうのはなぜなんでしょう。
学歴社会に完全に汚染されております。

でも、実際すごいんでしょうね。

それより、ポテンシャル上がった方が嬉しいのですが、どうも長時間睡眠をとるのは私は苦手で…
私が以前書いた「睡眠は1日2時間でOK!22時間は好きなように過ごせるようになる近代化グッズ」の方がいいなぁ。

というより、この記事を完全否定してくれているw

ではどんな実験なの?
と興味津々になったところでコレ。

大学のバスケットボール選手に、無理にでも10時間眠るように指導し(これは通常の睡眠時間に比べ約110分長い)、2カ月間その効果の経過を観察した。すると、なんとダッシュのスピードがどんどん速くなり、最終的にフリースローの成功率は9%、スリーポイントシュートの成功率も9.2%アップしたというのだ。

もちろんトレーニングの積み重ねが重要なのはいうまでもないが、同じトレーニングをした場合でも睡眠時間を長くとったほうが、約10%もパフォーマンスがアップするという結果。睡眠は量より質ではなかったのか?

面白い結果ですね。
でも、これは「運動」についてで、「勉強」については異なるのではないか?
と思い込んでしまう。

というか、できれば寝たくないから(受験期間だけ)信じたくないw

…10時間睡眠も試してみようかなw
いや、でも、私頭悪いのにもっと悪くなりそう…

ショートスリーパーなるものがこの世には存在しているそうで。
私はそっちの方が好みなのですが…w

睡眠は、脳細胞が修復され、脳の活動に必要な脳内物質の再合成が行われる、脳の力の基礎固めの大事な時間。
記憶の固定化も眠っている間に行われるという。

記憶をするなら、寝る前の2~3時間がゴールデンタイム。この時間に資格や語学の勉強をするのは大正解。

単純記憶だけではない。アイデアが湧いてこないときには、「一度あきらめて寝てしまったほうがいい」というのが脳科学者たちの一致した意見。

ぐえw

「脳科学者たちの一致した意見」なんですかw
一致した…

まぁ「寝る直前に勉強」がいいとは聞きますよね。

でも今日は考え事をしていて苦しくて眠れなかったのです。
寝ようとしても寝られなかったので、どうせ同じ「寝られない」なら勉強をしてた方が良かったんですもん…

そういうときはどうしたら良いのでしょうか。教えてください、脳科学者の先生たちよ…

「解くのにひらめきが必要な数列の問題の比較実験で、被験者を8時間起きている、7時間起きていて1時間寝る、1時間起きていて7時間睡眠をとる、の3グループに分けて問題を与え、8時間後に回答を求めたところ、一番成績がよかったのが7時間眠る組だったのです」(篠原菊紀教授)

これはちょっと異議を唱えたい。

2時間起きていて6時間睡眠も入れてくれw
極端すぎやしませんかね?

とりあえず、結論としては
「徹夜はダメよ」
「一夜漬けするぐらいなら寝なさい」
ってことが言いたいんだなと善意解釈してしまいましたw

「寝る前に明日やることをメモする習慣をつけておけば、無意識に情報が整理され、斬新な企画や問題の解決方法がひらめくことが大いに期待できます」

これはいい!!!!!!!
これ今日からやる!!!!!!!

明日やるメモ、今日からつくろう♪

ということで、毎日毎日成長して、人間的に成長していい女になるぞ!!

昨日の勉強時間
16時間10分(ただし集中時間は少ない)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す