ブログ

【たまに更新】ミュゼが万一倒産した場合のリスクヘッジ!解約情報まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

解約情報が、法律情報と並んでいて「不安になる」、「解約を煽っている」と感じる方もいらっしゃるようでした。
報告をいただいて初めて気づきました。
気が付かなくてすみませんでした。

こちらは「解約のために準備すべき知識、持ち物等のまとめ記事」になります。
「解約された方の、解約状況まとめ」は、「返金状況」へ飛んでいただけると幸いです。

 

この方が見やすくていいですね!
確かに私も自信のある情報と、自信のない情報を混ぜて伝えるのは、「う~ん、どこまで私の自信のある情報がか伝わらないんじゃないかな~」とも思っておりました。

ご指摘をいただき、ありがとうございました!

Q&A等もこちらへ移動します。
すみませんが、ご了承くださいますよう、お願い致します。

是非、「こうして欲しい」なんてのがあれば、不平不満も受け付けておりますので、何でもご連絡くださいね!

スポンサーリンク

Contents

解約をするにはどうするの?

用意していくと良いもの

【持ち物】(情報提供ありがとうございます。)
・ミュゼの会員カード

現金支払いの方は通帳
クレジット支払いの方はクレジットカード

消費者センターに相談した方からの情報(用意していくと良いもの)

消費者センターに相談した方からの情報です。
ただ、「持っていくと良い」旨の情報を言われなかった人もいらっしゃいます。
(複数名から情報提供していただきました。ありがとうございました。)

解約手続きをする他に「解約通知書」(クーリングオフとほぼ同じ書式)を葉書でいいから書いて、裏表コピーして、特定記録郵便で送るよう指示されたそうです。
クレジットカードの場合は、カード会社に「支払抗弁書を出せ」と言われる場合があるようです。
(カード会社からの引き落としがなされていない場合に言われることが多いそうです。
 言われなくても、引き落としされる前の人は出しておいても良いかもしれません。)

理由

「倒産してからだといろいろ書類がごちゃごちゃするので、今のうちからできることは並行してやっておけ」というようなニュアンスだったようです。
ただ、消費者センターの方が、倒産すると言ったわけではなく、「やれることはやっておいたほうがいい」という感じだったそうです。

確かに、特定記録郵便だと相手側に届いた記録が残るので、証拠として有効かもしれません。

「解約通知書」も「支払抗弁書」も消費者センターに相談していることを書けと言われたそうです。
やはり、消費者センターは強いのかな…

念のため提出書類はすべてコピーをとっておきましょう。

解約通知書

カード会社とのやり取りも、ミュゼのコールセンターとのやり取りも、「何時に電話をしたか」、「担当者名」、「言われたこと」を記録しておいたほうがいいみたいです。
ツイッターでは、「念のために録音した」という人もいたようです。

解約通知書の書き方は、大阪市の消費者センターがわかりやすかったです。

支払い抗弁書

支払い抗弁書の書式は、「インターネット上で検索すると出てくるものを印刷するように」とのことです。
支払停止の抗弁書面について(PDF、社団法人クレジット協会より)

カード会社から送ってもらうこともできますが、その場合一週間ぐらいかかってしまうそう。
カードの窓口に行った方からの情報によると、その場にはなく、郵送と言われたようです。

支払抗弁書の備考欄に、「ミュゼとのやり取り」、「(事前にカード会社に電話しているなら?)カード会社とのやり取り」、「消費者センターに相談していること」を書けと言われたそうです。
「時間」、「担当者名」もいります。

消費者センターに行く際には、個々の(東京は区ごとにあるようです)消費者センターに行くことをオススメします。

そして、これは「特に分割払いで今も引き落としが続いている方」にはかなり有効な手のようで、倒産した場合には引き落とししなくてすむ?可能性があります。

本当に皆様、情報提供ありがとうございます。

【NEW!】全身脱毛の方に、読者様からの注意喚起

私は全身12回で契約しており、予約の取りづらさを改善するため部分ごとに施術を分けていました。
するとネットのマイページでは8回施術したことになっていました。
しかし実際は各部分5回~7回で8回はしていません。[26日にコールセンターにて各部分の回数を確認しています。予約方法の選択でこのような回数表示になるそうです。]

マイページに載ってるデータのままで解約を進められるかもしれませんので、全身などのコースを部分で受けていて解約する方は一度回数を確認されたほうがいいです。

コールセンターに電話をする

解約をするにはコールセンターに電話します。
0120-965-489

電話をしなくても取り扱ってくれる場合もありますが、今は解約で来店している人も多いため、念のために電話しておきましょう。
コールセンターが繋がりづらくなっているようなので、もし、近くに居て電話するのが面倒な場合は、一度店舗まで足を運んでみても良いかもしれません。

電話がつながりにくい理由を台風15号のせいにしていたのですが、おそらく解約の電話か、記事内容の確認の電話の対応に追われているのでしょう。

再度言いますが、ミュゼに確認しても、破綻しているとか、私的整理しているとか言わないと思います。
破産に至った場合には、開始決定がなされると各債権者に通知が出されますが、私的整理は、このようなことはなく秘密を保持しやすい手続です。

わざわざ秘密にしていることを、顧客に問われたからと言って簡単に言わないと思います。

解約の電話がつながりやすくなるためにも、確認の電話はやめましょう。

既存会員は3番を押すと、容易にオペレーターにつながります。

「倒産の恐れ~」などというと、「事実無根ですが、それでも解約をされますか?」とくるそうなので、それが面倒な方は、解約の理由は適当にでっち上げるのがいいと思います。

事前に会員番号を用意しておくとスムーズですが、ない場合は、電話番号でも検索してくれます。

解約できるのは契約した店舗のみ

電話をしてから、次は、店舗まで足を運ぶ必要があります。
「契約をした店舗」だけで、「施術をしている店舗」に足を運ぶ必要はありません。

ここで注意が必要なのは、「契約店舗以外での解約」ができないようです。
複数の店舗で契約してしまった人は、店舗ごとに訪問して解約をしなければなりません。
つらいですが、頑張ってください。

引っ越しなどで来店が難しい場合は、その旨を伝えれば対処していただける可能性があるようです。

…こんなん契約書に書いてあったっけ…?

契約した店舗が潰れてる場合は、本社の人と電話越しで解約を進めるらしいですが、確かな情報ではありません。

来店が難しい場合

来店は難しい場合には、郵送という方法があるそうです。
ただ、郵送は時間がかかるので、来店できるのが一番だとは思います。

電話での解約はできないそうです。

解約した場合の振込方法

契約した時の支払い方法によって、振込方法が変わるそうです。
現金払いであれば振込ですが、クレジット払いだとクレジットカード会社とのなんだか面倒な処理になるそうです。

そして、それによって持ち物も変わるとのことなので、コールセンターに電話した時に聞いておくのが良いでしょう。

クレジットで払ったけど、そのカードがない場合は、口座振込みになるそうです。
自分名義の銀行口座の通帳かカードが必要なので、用意して行きましょう。

この後の処理は、「サロンで手続き」と「ネットで手続き」があるそうですが、わからないことは思い切りお姉さんに聞いてみましょう!

【NEW!】クレジット会社の対応

《重要!》消費者センターへ確認

消費者センターへ確認してくれた方からの情報です。
クレジット会社としては、下記のような処理になるそうです。

(1)店でクレジットカードでのマイナス処理
(2)その後カード会社のほうにも売上伝票とマイナス伝票というものが店から上がる。
(3)あとはカード会社からの返金になるそうなので、店側が無くなろうが返金はされるそうです。

その際に、この「マイナス伝票の売上はいつカード会社に上げるのか?」を、店側に聞いた方が良いそうです。
その後、カード会社に「売上とマイナス伝票がちゃんと上がっているか」という確認の電話をいれた方が良いそうです。

マイナス伝票が上がっていないと、返金確定にはならないそうです。

クレジット会社へ確認

クレジット会社に確認をしてくれた方からの情報です。
(クレジット会社ごとで異なる取り扱いがなされる可能性もあるので、一概には言えないかもしれません。)

決済完了後のクレジット処理は、何年経っていても全額マイナス処理したあとの売上処理が正しい処理であるとするクレジット会社が多いそうです。
(異なる処理となるクレジット会社の情報も届いておりますので、各自のクレジット会社へ問い合わせてみてください。)

Miiさんの場合も、りこさんと同様の取り扱いとなったようです。

クレジット会社の締日から、クレジット会社がちゃんと利用データをミュゼから提出されたのか確認できるまでに、カード会社側で約10日かかるそうです。
(例えば、クレジット会社の締日が9月10日だった場合⇒クレジット会社は9月20日頃に返金が確認できるそうです。)

Q&A

会社が倒産する時というのは、ある日突然、なんの前触れもなく倒産してしまうのでしょうか。

はい。
会社が倒産する時、ある日突然、なんの前触れもなく倒産してしまうものなのです。

他の企業では、会社に行ったら会社がもぬけの殻だった、なんてこともあるそうです。
朝礼で倒産を知らされることもあるのだとか。

情報をいただきました。
本当に店長さんだったのか等はわかりませんが、倒産とはこういうものです。
信用できる内容だと、私は思います。

元大手脱毛店エステ店長です

大手で店舗数が多いエステは、倒産するときは突然です。お客様への予告はありませんよ。

スタッフですら当日の朝などに知らされます。

私のサロンも朝からファックスで「本日で倒産します。夕方のニュースで報じられるから、それまでに店舗を出て下さい。外でお客様にあうとトラブルになるのでしばらく外出は控えるように」とだけ通達がきました。

その日のお客様に電話で知らせたり、他の会員様に連絡したりお詫びしたりする時間も一切なく、あわてて店を出ました。

突然解雇されただけでもパニックですが、コース契約で何百万何十万と払っていたお客様はもっとかわいそうです。

現金払いのかたはお金はもどってきませんよ。

ローンを組んでる方はローン会社から連絡がきますので、予約カードと照らし合わせて、施術を受けた分の料金だけ払えば、受けてない分の支払いはしなくていいです。

脱毛サロンなんて、何年もつかもわかりませんので、永久保証といううたい文句に騙されないで。永久に存続してる脱毛サロンなんてありませんよ。

http://girlschannel.net/topics/455978/

ミュゼに行った時は、倒産の前触れすらなかったのですが…

倒産は、本来水面下で準備するものです。
倒産する場合は、いつ倒産するか等、申立人以外はわからないと思います。

結局どうしたらいいんだよ!

私は残り回数が少ないのなら(全身でなくLパーツであるなら)消費を勧めていますが、最後は貴方の判断です。
解約するにしろ、消費するにしろ、早めの決断を。

倒産した場合には、早く動いたもの勝ちです。

ミュゼは、前払金の全額返還は、不可能だと思います。
解約金は、早い者勝ちで返還されることになるでしょう。

いつの時点から返還されなくなるのかは、誰にもわからないと思います。

2か月後に解約されたことになるの?その日に解約できたんだけど!!!

いえ、「解約」と「返金」は別物だと考えてください。
解約できたとしても、返金がなされない場合があるのです。

解約⇒返金の間に破産した場合、たとえ解約ができていたとしても、返金されません。

2年以内のクレジット払いは全額マイナス処理+利用した分の売上処理だそうで不安です。

これは私が言われたとしたら、とても不安に感じます(後述するように、私が無知なだけでした、すみません)。
2年以内でなくても、クレジット払いはこのような対応が一般的なようです。

もしプラスが入金される前に倒産してしまったら…と考えると、2重払いになる危険があると思います(クレジット会社の締日によるそうです)。
クレジットは処理が難しいです…><

私はクレジットカードにて全額の支払いだったのですが、すでに引き落としが済んでいるので店員さんから振り込みでの返金を勧められました。
支払い処理自体は即日ですが返金処理はタイミングがずれるため、カード会社の締め日に間に合わない可能性があるということで、二重払いが怖かったので振り込みによる返金を希望しました。

クレジットカードの精算は月末に一括で行われるということで、もしかしたらそちらでの返金をお願いした方が確実だったのかもと少し後悔してます…

ただ、9月以降にクレジットカードで返金を依頼する場合は、9月末まで処理されない可能性が高そうです。
カード会社の締め日がそれ以前なら注意した方が良いかもです。

私が得た情報の中で、「支払い済みなのだから変だ」と抗議した方がいらっしゃいまして、差額だけを返還処理していただけることになったそうです。
問い合わせてみるのが良いかもしれません。

【※情報を提供していただきました】

確かに二重で請求がくるのでは?という不安はあると思うんですが、こういう処理の方法があるということで一例を書いておきますね。

・旅行を予約したが、急に行けなくなった。
代金はカードで5万円を支払済、キャンセル料が3万円かかった。
その場合、カード会社から差額の2万円が戻ってくるわけではなく、一旦支払済みの5万円を全額取り消し処理し、同時にキャンセル料の3万円を請求。

・洋服をカードで買ったばかりで未着用、タグ等も切っていない状態。
やっぱり別の商品と交換したい。
最初に買った服が1万円、交換したい商品は8千円。
ショップで交換してもらう際、最初の1万円を全額取り消し処理した後、再度8千円の売り上げとしてカードを切る。

個人的には、この方法を取る販売店が多いと思っていました。
会計上そういう扱いになるのは至極当然というか、普通だと思っていたのでコメントさせてもらいました。

ただ、そうならない場合もあるとは思うので、絶対こうだと言っているわけじゃないです。

販売店が一旦「返品処理」をする理由としては、以下があげられます。

通常、販売店はカード会社に数%の手数料を払っています。
仮に5%だったとして、30万円の5%は1万5千円。
20万円返金した場合、売上は10万円に変わりますよね?
10万円の5千円なので、手数料に1万円の差額が出てしまいます。
だから通常販売店は全額返金処理をして、再度新たな金額でカードを切りなおします。

もう一つ、カード利用のおまけとしてカード会社独自のポイントが(イオンカードだと、ときめきポイント)付与されるものが多いので、こちらの関係もあると思われます。

ですので、ミュゼの今回の取扱いについても、会計上必要な処理だと思われます。

【NEW!】クレジット支払いの場合、結局どの解約方法が一番いいの?

私は、クレジットカードの件は専門的でないので、自信を持った回答はできかねます。
それを前提に以下を見てもらえば、と思います。

私がもし解約するなら、以下のように考えます。

(1)「マイナス伝票の売上はいつカード会社に上げるのか?」を、店側に聞き、即日であればカード決済にし、その後、カード会社に確認します。
(ネットで確認できる場合は、即日返金処理がなされるという情報があるため)
(2)即日決済ではない(月末決済等)と言われた場合は、まずは送金サービスが使えるか聞きます。
(3)送金サービスが使えない場合は、マイナス伝票の売上を上げる日と、振込予定日の総合考慮です。
(カード決済の場合は「いつ返金になるかわからない」と言われたら、振込にします。)

友人がミュゼで働いてるんだけど。

私の友人もミュゼで働いており、辛い思いをしております。
ただ、倒産をするならば、組合があれば倒産までしっかり働いていた方が得だと思っているので、「辞めるな」と伝えました。
(組合がないという噂も耳にしているので、これは微妙になってしまいました…)

倒産されたら何をすればいいの?

後程追記します。

解約したんだけど、倒産された場合どうにか方法はないの?

解約したら、早く返金してもらうしか道はありません。

返金予定日に返金されない可能性はあるの?

すみません、怯えさせてしまうかもしれませんが…
返金されない可能性は、あります。

今後、返還時期の引き延ばしをしてくる可能性はあります。
解約したことに満足せず、しっかりと予定日に振り込まれているか、確認してください。

その場で解約金返還してもらえないの?

その場で現金支払いをしてくれと必死に何度も訴えた方によると、

「ミュゼでは現金での返金は一切行っていません」とのことだそうです。

ニュース見る限りでは、9月末までに調査を行うと記載があったのですが、それまでは絶対に倒産しないの?

一応「9月末」までを予定している、とあるので、10月ごろに倒産というのが一番考えられる、という情報をネット上で見たことがあります。
ただ、再起不能であると確定すれば、その時に倒産する可能性もあると思います。

倒産するのか?いつ倒産するか?は、誰にもわからないと思います。
まだ倒産すると決まったわけではありません。

淡い期待を抱く気持ち、わかります。
最後まで戦いましょう!

いつ倒産するの?

倒産するのか?いつ倒産するか?は、誰にもわからないと思います。
まだ倒産すると決まったわけではありません。

倒産せずに返金が先延ばしとなり、のばしのばしで結局返金される前に倒産…なんてことはありえますか?

あり得ます。
消費者センターに確認された方もいらっしゃり、同様の回答をなされたようです。

破産後刑事告訴との記事もあったのですが、刑事告訴してお金が返ってくるものなのでしょうか?

まず、前提として「破産」は刑事事件ではありません。

「 刑事告訴 」は、ミュゼを「刑事的な責任に問う=刑に処す」だけなので、民事責任を問わない限りはお金は得られません。
ただ、民事責任を問うても、無い袖は振れませんので、お金はほぼ返ってこないと考えた方が良いと思います。

事業譲渡した場合

事業譲渡とは、会社が営んでいる事業の全部又は一部について譲渡する行為です。
債務については当然に移転しません。債務を引継ぐ者が債務引受(これは民法上です。条文なし)を行う必要があります。

事業を譲渡をした場合は、他の会社が「サービスを受けさせる債務」を引き受け、サービスがなされる可能性があります。
もっとも、譲渡契約によって承継する債務の範囲を決定することが可能なので、「サービスを受けさせる債務」を引き受けないこともあり得ます。

NOVAの場合は、事業譲渡がなされ、「授業を受ける権利」は一定程度続きました。
もっとも、店舗がかなり縮減され、実質的に授業を受けづらくなったようです。

これに対して、「返還金請求権」に変えた場合は、基本的に債務引受をしないと思います。
なので、返金処理はなされないと考えておいて良いでしょう。

NOVAの場合も、返金はなされなかったようです。

豊川信用金庫の事件系と一緒なんじゃないの?

えっと、豊川信用金庫の事件を知らなかったです。
これ、面白いですね。

ただ、今回はこの事件とは少し違うと思います。

1、ニュースの発祥元
「女子高生」⇒「有名なニュースサイト」

2、内容
「この先危ないんじゃない?(憶測)」⇒「私的整理に向けた手続き入っていることがわかった。ジンは今年5月頃より、電通などの大手広告代理店への支払いが滞り始め、現在は銀行への返済も止まっている。(断定)」

3、対応
「豊川信金は各メディアに対してデマ報道を夕方から報道依頼。(デマであるということを報道してほしいと依頼)」⇒「自己のHPに倒産・経営破たんの事実はないと記載」

「大蔵省東海財務局長と日本銀行名古屋支店長が連名で同信金の経営保障をすると発表。」⇒「 」

「自殺したと噂された理事長自らが窓口対応に立つ」⇒「取材拒否」

そもそもあなたの法律知識はどの程度なの?

受験生なので不安にさせているかもしれませんね、すみません。
一応、司法試験では「倒産法」を選択しており、択一式試験には合格しています(ただ、択一式に倒産法はないです)。

しかし、一応ここの情報は(法律知識)弁護士の先生方(複数名)に意見を伺ったうえで記載しております。
ただ、「行列の出来る法律相談所」でも先生方の意見が異なることは多々あります。
そのため、「必ずそうである」と言い切れないのが現状でございます。

もっとも、弁護士の先生複数名に伺って、今のところ同様の結論となっているため…一応の方向性として、当ブログの方向性で考えられても良いかと思います。

なんでそこまでみんなの相談に乗ってるの?

私が弁護士を目指した理由が、

「困っている人、不安に思っている人の力になりたい。」
「法律知識がなくて損をする人を助けたい。」

というところにあります。

なので、今回のことは、私がミュゼの会員であることだけではなく、法律を学んでいるからこそ相談に乗れるのでは?と思いました。
みなさんの不安なことを聞けば回答できるのではないかと思い、相談を受け付けておりました。

私の学んできた法的知識で、可能な限りみなさんの力になれる自信がありました。
法的な面で、不安を軽減させてあげられる自信がありました。

参考になったという言葉をかけていただけています。
その言葉が私にとっての最大の喜びです。

そのために法律を学んでいるので。

なので、いつでも相談してきてください。
遠慮は不要です。

暇なの?

いえ、暇ではないですけど、今は司法試験の合格発表前なので、比較的暇と言える時期かもしれません(笑)。
授業等には出席しておりますし、勉強も続けております。

私事ですみません(笑)。

解約煽ったら倒産早まるんじゃないの?

解約の怖さも伝えたと思っていましたが、実質同じということで、結果的に煽ってしまったことになるかもしれません…。
すみませんでした。

簿外負債500億は、やはり見逃すことはできないと思います。
どのような対応をすることになっても、早めに対処すべきだとは思っています。

解約を煽っているように感じてしまったらすみません。

ただ、契約金をしっかりプールしているのであれば、返金も楽にできただろうに…
解約者が増えれば、確かに倒産は早まると思います…
新規契約者(100円)にはあまり期待できないですし…なので素早い対応が必要なのです。

他のいい脱毛サロンないの?

※他のサロンの紹介は、少なからず不快に思う方がおられるようです。
私は不快な思いをさせずに、心から情報を提供したいと思っています。

なので、今後、この記事では他のサロンについては一切書くことを致しません。
質問してきた方には申し訳ありませんが、ご了承くださいませ。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. アンリ より:

    はじめまして。
    拝見させていただきました。
    私の情報が役に立つかはわかりませんが、1人でも多くの方の例を見たいと思って探し回ったので ココに投稿させていただきます。

    私は27日の10時半頃に電話をかけて店舗から折り返しお電話いたしますと言われましたが 午後になっても電話はならず…
    夕方頃 近くへ行く事があったので直接行って「折り返しの電話が来なかったので来てみました」と言ったら15分ぐらい待った気がしますが その場で対応してもらえました。
    まだ使ってない2回購入した分全てを解約しました
    クレジットカードでの購入だったのでクレジットカードの手続きをしてもらい、1時間ぐらいかかりましたが完了。
    29日はカードの明細に記入はありませんでしたが、30日にはマイナスで記入がありました。
    皆さんのお話ではもっとかかると思っていたので驚きましたが、早いに越したことはないので良かったです。

    1. アンリ より:

      度々すみません。
      明細に記入がなかったのは28日で、記入されたのが29日でした。
      失礼いたしました。

    2. koala より:

      情報提供していただき、ありがとうございます!

      契約日はいつになるでしょうか?
      クレジットカードの締日以前の、決済完了前のキャンセル扱いということでよろしかったでしょうか?

      今まで、クレジットカード決済完了後の報告で、即マイナス記載という情報がなかったので…
      詳しく教えていただけたらと思います。
      よろしくお願い致します。

      1. アンリ より:

        返信ありがとうございます。

        契約日は今年の7月2日と8月6日で、カードの締日は毎月15日になるので締日過ぎての解約になります。
        このマイナスが付いた月の締日は9月15日で、引き落とされるのは10月10日になるので「返金までに2ヶ月かかる」と言えばかかる形にはなりますよね。

        1. koala より:

          こちらこそ、返信ありがとうございます!

          そうなのですね!
          アンリさんの事例を変更・追記するとともに、カードでも即日反映されている方が何名か出てきたので、「ネットでの確認だと即日確認できる場合がある」と付け加えておきました。
          ありがとうございます。

          ありがとうございました!!!

  2. らん より:

    こんばんは。ミュゼのニュースを見て不安になり検索していたらこちらにたどり着きました。
    本日8/30に施術を受けた後に解約の予約をして、2時間後に解約してきました。解約自体は普通に取り合ってもらえました。ただし気をつけていただきたいことがありましたのでコメントいたします。
    私は全身12回で契約しており、予約の取りづらさを改善するため部分ごとに施術を分けていました。するとネットのマイページでは8回施術したことになっていました。しかし実際は各部分5回~7回で8回はしていません。[26日にコールセンターにて各部分の回数を確認しています。予約方法の選択でこのような回数表示になるそうです。ミュゼで改善をしてほしいのはマイページのわかりにくさかも]

    マイページに載ってるデータのままで解約を進められるかもしれませんので、全身などのコースを部分で受けていて解約する方は一度回数を確認されたほうがいいです。
    ちなみに私はクレカで契約しましたが1年以上前でしたので振込処理での対応でした。きちんと処理されたら来月17日に振込みがされるらしいです。

    それにしても、ミュゼ…営業は普通にしてましたし、新規契約の方もたくさんいましたね…
    ニュース知らない方も多いのかなと思いますね。
    スタッフさん曰く、本社からは大丈夫と言われてるそうです。また掲載した新聞社?は倒産のニュースを流しても結局倒産してない会社ばかりだとか。
    真実はわかりませんが、8月が決算期のミュゼ…9月1日がちょっと怖いですね。

    1. koala より:

      情報提供していただき、ありがとうございます!
      全身契約の方に注意喚起しておきますね。ありがとうございます。
      http://koalastar.com/kaiyaku-jouhou/

      らんさんの情報も返金情報の方に記載させていただきます。
      http://koalastar.com/henkin-jyoukyou/

      そうですね。
      まずは私的整理の情報が流れること自体が珍しいですし(それも、ニュースと会社の不一致があるということは…)、普通に営業がなされないと、会社は運営できませんので…

      ただ、「掲載した新聞社は倒産のニュースを流しても結局倒産してない会社ばかりだとか。」
      ↑これはちょっと大きく言い過ぎだと思います…
      ただ、これ以上の発言は、私がすべきではないと思いますので、控えさせていただきます。

      私としては、もし倒産するとしても、そこまで早くはないと思いますよ!
      (だから次回予約をとっています。)

  3. らん より:

    あ、書き忘れましたが…
    ミュゼスタッフはとても対応がいいですので、引き止められたりはしませんでした。親身になってくださいますし、不安な気持ちはわかってもらえました。
    私的にはミュゼは気に入ってますし、新型器導入で時間も短縮されたので、安いプランであれば解約よりも回数消費を選びたかったです。施術には2ヶ月縛りがあるので危険すぎて1年も待つことはできませんでしたが…うーん、残念。

    1. koala より:

      そうですね、安いプランだったら消費がいいかもしれませんね…
      全身はさすがにつらいですね><

      ミュゼの対応が良すぎるので、辛い所です…

  4. ショコラ より:

    はじめまして。
    ショコラと申します。
    こちらを参考に、今日、解約してきたのですが、
    私は、1年2ヶ月ほど前に、クレジットの一括払いで契約しました。
    それで、みなさんのお話の通りに、一括分を一度返品して、売上分をもう一度、クレジット処理するというやり方を言われました。
    同じにクレジットを通すなら、カード会社への情報が一緒にいくので、了承したのですが、
    その後、返品だけクレジットが、リダーを通らず、処理できないため、紙での伝票で返品処理になると言われました。
    その場合、紙の方は、提出によって、売上のクレジットと同じ時期にならないかもしれない。返金時期はわからないと言われました。
    さすがに、不安過ぎて、それは困ると言い、なんとか先程の売上もマイナス処理してもらい、差額だけを口座入金に代えてもらいました。
    2週間後の入金になると説明受けました。

    なんだか、ものすごく不安な対応でした、、、、
    もともと、不信感をもって臨んだからかもしれませんが。

    入金されるか心配ですし、売上分がきちんとマイナスされたかも心配ですし、まだ、安心できません。

    1. koala より:

      はじめまして。
      その対応は不安ですね…

      まだ返品と売り上げが同時処理されれば良いのですが、紙で、更に返金時期はわからないというのは、私も不安になってしまうと思います。
      私がショコラさんと同じ立場であれば、ショコラさんと同様の処理をしていたと思います。

  5. あお より:

    はじめまして。
    あまり参考にはならないかもしれませんが、私の場合をお知らせいたします。
    私は7月21日にフリーセレクトコースをクレジット2回払いにて契約致しました。
    それから1回目に施術が8月18日でその日にクーポンを利用してフリーセレクトコースを5回分追加契約し、それもクレジット2回払いにしました。
    私的整理に入ったとのWEBニュースを見たのが8月26日の19時前で急いでコールセンターに電話をし解約の予約を次の日の27日に取り付けました。
    最初の7月の契約の1回目の引き落としが9月すぐだったので、引き落としを中止することはできないかと27日にミュゼに行く前にカード会社に電話をし「ミュゼが任意整理に入ったらしいので引き落としを中止できないか」と伝えたところ、いったん引き落としはされてしまうが、本日売上マイナスをすると次回に引き落としされた分は返金になる。マイナス伝票が上がるのが何日かかかるので後日また確認の電話をして下さいとのことでした。
    引き落としされてしまうのは仕方ないと諦め、店舗に行き解約手続きを済ませました。ただ全額マイナス伝票を切って、1回施術した分は支払ってもらうとのことだったので、その分はその場で現金払いをし、1回目と2回目の契約金の全額マイナス伝票を切ってもらい手続きを終えました。
    店員の対応はとてもよかったです。解約理由は聞かれることなく逆に向こうが「予約が取れないからということでよろしいです
    か?」と言ってきました。確かに倒産すると予約が取れないのでその理由がある意味正しいかもですが…。
    というわけで、近々カード会社に電話してマイナス伝票がカード会社に上がってるかどうか確認します。上がっていれば引き落としされた分は戻ってくるし、次の引き落としはされないので安心です。
    あまり参考にはならないパターンかもしれませんが、長々と失礼しました。

    1. koala より:

      はじめまして、情報提供ありがとうございます!!!

      参考にならないなんて、そんなこと全然ないです!
      あおさんと同じ状況の方がいたらホッとすると思います。
      ありがとうございます。

      全額マイナス処理をしていただけたのですね。
      間に合ってよかったです。

      店員さんは、この状況でも本当に丁寧に接してくれてありがたいですね。
      あおさんの事例も追加させていただきました。
      確認取れ次第、またご連絡いただければ幸いです。

      1. あお より:

        先日8月27日に解約手続きをしてカード会社にマイナス伝票が上がってるかの確認待ち状態だったあおです。
        本日カード会社に確認したところマイナス伝票が上がってるとのことでした。
        2回払いの1回目引き落としが9月2日だったのですが、それは引き落としされてました。
        が、来月の決済日にその分が戻ってくるのと2回目の引き落としはナシになりました。
        やれやれといったところです。
        私はこれで終了しましたが、私の友人は私と同じ日に契約しその場で現金払いをしたのですが、解約手続きが予約が取れたのが9月1日でその時に返金は来月末つまり10月末になる。と言われたそうです。
        友人のためにもまだ解約手続きが終了していない人のためにもなんとかミュゼが踏ん張ってくれることを祈っています。

  6. らん より:

    すみません。解約とは関係がありませんが、1日にジンコーポレーションとピーエイが合同出資にてミュゼキャリアという会社を立ち上げたようです。
    私的整理に入られた…という噂のジンコーポレーションですが、私的整理に入っていても、会社立ち上げは出来るのものなのでしょうか。
    50%ずつの出資だそうです。

  7. らん より:

    なんか接続悪くて投稿できてないと思い、再度投稿したら…連投になってますねf^_^;
    ひとつ目匿名になってるし…
    削除できないので、申し訳ないのですが削除していただけたら幸いです。
    また、9月17日前後に返金の確認したら結果お知らせしますね。

  8. らん より:

    こんにちは。返金の確認がとれました。
    8月31日に解約し、通常振込処理で9月16日に返金されていました。
    現在、解約しても1ヶ月かかるとか先延ばしにされるとか色々情報が飛んでいますが…地域によるのかなと思います。
    今回の件を踏まえて、割高でも少しずつ契約したほうがいいなと思いました。ま、都度払いのが安心だけどミュゼさんはやらないだろうしねー。
    と、最近はまた予約も取れなくなってきてるので新規も多いのかと思います。ただ、全身契約の方に優しくないシステムなのでソレは改善してほしいかな。解約したけど(笑)では、お疲れ様でした。

  9. サラ より:

    初めまして。
    今日の発表の後、すぐにコールセンターに電話して解約のための予約をとってからここを見て勉強して解約手続きをしてきました。
    送金サービスはやはり出来ないといわれたので口座振込みで2、3週間後、10月末から11月初めの入金予定とのことです。
    契約はクレジットカードでしたが私のカード番号が契約の時と変わってるので口座振込みになりました。

  10. 半分諦めモード より:

    こんにちは。
    私の事例ですが、表参道店にて20140908契約 クレジットにて決済

    20151005に前日アポを入れての解約手続き

    クレジット決済なので、返金もクレジット経由とのこと。(他の選択肢は説明なし)

    クレジットマイナス処理と
    使用済み1回分を新たに決済させられました。
    マイナス処理は手書きの署名、新規決済分は端末にパスワード押下だったため、返金前に倒産し新規分だけ請求が来ることはないか確認したが、月末締めで各クレジット会社に信憑を送るのでタイミングは同じとの説明。

    気になったのでクレジット会社に相談。上記のような状況で仮に新規分だけが倒産前に届いた場合もクレジットの請求が来ると聞き、返金方法を変更したい旨店舗に相談

    本社財務に確認とのことで翌日回答。

    送金サービスはシステムが機能していないため取り扱い不可。
    またクレジットでの返金手続きが済んでいるため、銀行振込への変更不可。

    仮に銀行振込の手続きを取っても末締めで14営業日以降とのことで諦めました。

    そして今日クレジット明細をオンラインで確認したら新規決済分のみ計上されてます!

    私の勘ですが、月中に倒産。今は最後に少しでもお金を集めているんじゃないでしょうか。

コメントを残す