司法試験

司法試験落ちたら不幸って誰が決めた?幸せ掴み取ってやんよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お久しぶりです。前田コアラです。

今年の司法試験も、あと1ヶ月と少し。

みなさま最大限の力を出し切ってきてください!

さて。
私の司法試験の結果はといいますと、発表後に記事を書かなかったことからもわかっていただけているとは思いますが、落ちておりました。
そこから就職活動をして、今は毎日働いております。

この時期ですから、休憩がてら「落ちてたのなんて知ってるよwww」「落ちてざまあwww」「でも、落ちたやつの人生も悪くないな」な〜んて思いながら読み進めていっていただければと思います。

スポンサーリンク

 

司法試験終了後の生活

私の場合ですと、
・司法試験受験後、すぐに就職活動をはじめました。
・就職活動で、司法試験受験生の肩身の狭さを知りました。
・でも、6月2日に就職先が決まりました。
・思った以上の給料をいただくことができ、合格発表前から働いております。

趣味を仕事にしたので、未経験ながらも、毎日楽しく働けております。

じゃあ。
「前田コアラは、どんな職種で働いてるの?」って話。
 

司法試験に落ちた私の選んだ道とは

私は現在、WEB系の仕事をしております。
完全未経験のへっぽこWEBディレクター。

実は、思った以上に法律関係の相談受けるんです。
弁護士さまが出るまでもない、制作が気にすべき法律。
弁護士に相談すればお金かかるし、気も使う。でも、落ちたやつだったら一般の人より法律知ってんじゃね?

みたいな。

正直、司法試験で必要な教科が質問で上がることは少ないです。
でも、条文の見方・趣旨の考え方・判例の探し方などは、司法試験の勉強で培ってきて、よかったなぁと思ってます。
(法律の適用条文探すのも普通の人よりは長けてるしね。)

落ちた身分でおこがましいけど…仕事で法律見ることが多くて楽しかったりします。
だから、今後は「WEB×法律」という分野でブログを書いていけたらいいな、と。

正直ブログを続けることに悩んでました。
特定されるかもしれないし、落ちたやつが法律語っても「何いってんのwww」ってなるかもしれないし。

でも、WEB系の仲間が、WEBで法律が問題になること多いって言ってくれるから、実務でよく使う法律とかまとめられたらいいなって。
だから、今後は司法試験受験生に向けたブログというよりは、全体に向けたブログにしていくつもりです!
よろしくお願いします。

ただ、最後に今年の受験生のみなさまに一言

数ヶ月働き、一番実感したことは、
「司法試験の受験をしてた」でも、インパクトを強く持ってくださいますが、
「短答式試験に合格している」ということはかなり強い武器になりました。

今年諦めている人も、あと少し。
短答式試験だけでも合格しておくことを強くお勧めいたします!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. 久保田 より:

    「WEB×法律」
    とてもよいテーマだと思います。
    仕事柄フリーランスのWEB記者と多く接していますが、まさにそういったテーマはとても役に立つと思います。生放送、動画をメインに制作する会社(ニコ生のチャンネル企業等)にも重宝されると思います。
    自分はどう仕事に結びつけようとか、どうマネタイズ化しようかと考えてしまいますが、ブログ主様はどうなのですかね。
    ちなみに、司法試験受けて落ちた人なんて都とか特別区にたくさんいます。某特別区の区議もいるし。社会において全然マイナスにならないですよ!

    1. koala より:

      久保田さん
      コメントありがとうございます!
      テーマは決まっても、やはり記事を書くのは時間が掛かるし、どういう情報がみなさんにとって有用なのかを把握するのが難しいですね。
      日々考えながら運営していこうと思います。

      私もまだ、どう仕事に結びつけていけばいいかは未知数だったりします。とりあえず今はWEBについて学ぶ1つの手段としてブログを再開した面もあり。
      今の仕事をしていて、法務部と現場ってかなり現実では離れているなって感じるので、現場で活躍するみなさんにも法律を意識して行動していただけるような活動をしていきたいとは思っています。

      マイナスにならない、というお言葉、ありがとうございます。頑張ります!

コメントを残す