WEB

WEB制作会社にだって、会社によって得意分野があるって知ってる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。

よく、「WEB系企業」と一括りにされ、「WEB制作会社」はどこも一緒だと勘違いされがちな業界におります、前田コアラです。

WEB制作会社だって普通の会社と一緒で、しっかり会社として狙うべきターゲットは設定してるし、会社によってのウリがあるんですが、どうやらそれをわかってもらえない業界ということで、私が少々訴えていきたいと思います。

スポンサーリンク

WEB制作会社の種類

まずはWEB制作会社の種類について。

大きく分けて、4つの部類に分類されると言われています。

  1. ECサイトでガンガン売るサイト制作をする会社
  2. WEBマーケティング・コンサルタントをメインにしている会社
  3. WEB制作に関するメンバーが一通り揃っているWEBプロダクション会社
  4. WEBデザインに命をかけていて、超カッケーサイト制作をしている会社

大きく分けても、これだけの種類の会社があるのです。
そりゃあ会社として生き残っていかないといけないから、しっかり自分の会社の特徴だってありますよね。

WEB制作会社だって、しっかりペルソナを作って運営しているのです。

HP作りたい!と問い合わせを受けても、そこの方針にあったお問い合わせでなければ、すべての仕事を引き受けるわけじゃないんですよ!
(いや、もちろん何でもやります方針のところもありますが)

1.ECサイト特化型

ECサイトはちょっと普通のWEBサイトとは違うスキルが必要だったり、違うマーケティングが必要だったりするので、ECをガンガンやっていきたい場合は、ECサイトの情報に特化しているECサイト特化型のWEB制作会社に頼むのがいいと思います。

ただ、制作に関しては、正直自社でもできると言われる面もあるようです。

また、最近はWEBプロダクション会社にも、ECに特化している人材が数人いるようになってきました。

2.WEBマーケティング・コンサルタント特化型

ここは制作会社というよりは、代理店というのが適切かもしれません。
WEBディレクターばかりで構成されています。

  • 次のサイトリニューアルには、ここにボタンを配置しましょう。
  • UX・UIを意識した構成にしましょう。
  • ユーザーの動きをしっかりと把握していきましょう。
  • ペルソナやカスタマージャーニーマップ、コンセプトダイアグラムを作りましょう。

こんな感じでサイト構成を作成したり、どのようにWEBを使ってマーケティングをしていくかを一緒になって考えてくれます。

そして、構成を考えた後は、個々の会社はWEB制作会社に制作を依頼するというかたちになります。

なので、中間マージンを取られるため、割高です。

3.WEBプロダクション型

ここは、会社で「コピーライター」や「イラストレーター」なども抱えており、WEBに関しては何でもありな会社、と認識しておいていただければ良いかと思います。

ただ、器用貧乏になりがち。

人数が多く、一人ひとり役割分担がしっかりしていれば会社としては良いのですが、人数が少なく、一人が複数の役割を担っていると、特化して運用できず、ただ制作をこなしているだけになります。

なので、人数が少ない場合は、2の会社の下請けとして、大量にサイトを作成する会社が多くなります。

企業によって規模も違いますし、得意分野ももちろんあります。
2の下請けには絶対にならないという方針を持った会社もあります。

ここのいいところは、会社の中で大半が完成するので、サイト制作の全体を見渡せる・柔軟な対応ができるところでしょうか。

この会社には、記事の運用をするような「編集デスク」が存在するような大きな会社もあります。

4.デザイン会社

ここの会社は、デザインに特化しており、サイトのデザインの賞なんかを取ってるすごいところもあります。

デザインに凝ったサイトを作りたい!という人はここ一択。
(ただ、デザインに凝りすぎると、サイトが見づらくなったりするので、難しいところ。)

少数精鋭なイメージ。

私の所属している会社

私は、2と3の中間のような会社に所属しております。

サイト制作のすべてを見渡し、いろんな企業の裏側を見て、色々なノウハウの蓄積をさせていただいております。

この業界のいいところは、いろんな企業様とタッグを組んで、WEBを使ってより良い成果を上げていけるところ。いろんな企業様の事情が知れるところ。クライアントと一緒に悩みながら、他のクライアントさんで経験させていただいた知識を用いて提案して、共にトライアンドエラーを繰り返していけるところ。

結果を求められるので、確かに大変な面はあります。

新しいことをするときは、ものすごい力が必要なこともあります。

でも、より良いものを作成したいという気持ちはクライアントさんと一致しています。なので、クライアントさんとパートナーとして一緒に戦場を乗り切る、そんな気持ちで日々お仕事をさせていただいています。

なので、もし私が独立することになったとしても、今経験させていただいていることはとても自分のためになると思います。

 

この業界はすごく面白いですよ!

ぜひ皆さん、この業界に興味を持ったら一歩足を踏み入れてみてください!!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す