モチベーション

司法試験一発合格者に聞く効率の良い暗記方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お疲れ様です。
今日、私が言われてカチンときてしまったことですが、全くもってその通りだと思ったので記事にしました。

司法試験に合格するには暗記を避けて通ることができません。
そこで効率の良い暗記方法を調べたのでまとめてシェア&備忘録。

スポンサーリンク

暗記を怠る人は早く受験から撤退したほうがいい

悔しいですがその通り。
受かるためには暗記を逐一入れていかねば。

司法試験に1発合格した友人二人が口をそろえて言う暗記方法は

声に出して読む

目を使って文字を読み、声に出すことによって耳で聞き、口が勝手に覚える。
一度で3つの効果があるのです。今日から家での勉強はすべて音読にしようと考えています。百選も大事なところは全て音読していたそうです。

口に出すことは脳をかなり使うそうで、暗記力を高めることができるとか。

論パも当然音読。
択一も音読。

すぐに行動に移せる暗記法ですね。

体を動かしながら読む

これも音読の一種ですが、音読に加えて体を動かすことによって更に記憶の定着がよくなるそう。
本当か?w

その子はスクワットをしながら音読していたとか。
あとは学校から家へ、家から学校への間も一人でぶつぶつ音読していたそうです。怖い。

でもそれぐらいやらないと受からないんでしょうね。

とりあえず合格可能性が高くなるならやってみようかな。
痩せそうだし。

自分の声を聴く

面白い方法だと思ったのが、自分で話した声をマイクからアンプに出力し、ヘッドフォンで聞く。そうです。
さすがにその設備は整えられないので、私は自分の声を録音してみたいと思います。

自分の声を聴くことにより、頭に入ってきやすくなるのだとか。

同じ範囲を繰り返す

これはあなたもやっていると思います。私もやっています。

朝起きてからすぐ
ご飯食べた後
トイレ行くとき
休憩前
休憩後
お風呂に入っているとき
寝る前

結構やってるつもりなんですけど、なかなか覚えられないんですよね。
でも、今日暗記方法を様々な友達に聞いたのでちょっとは良くなると信じて行動してみます。

目を閉じ、今書いてあった文字を思い浮かべる

変なことをやってるなと思ったのが、これと少し似たようなことですが、

「赤い紙を思い浮かべてそこに暗記物を黒い文字で書く。
 そしてその紙を燃やす。
 頭の中でね。」

ふぁっ!?

なにそれ。
あたしにはできないやw

とりあえず、目を閉じ、今書いてあった文字を思い浮かべることはやってみますw

人に教える

これが一番いいのだとか。
わからなくて恥をかくのが嫌だから必然的に勉強量もアップするそうですw
理解を口に出して伝えるのが自分の勉強になるんですね。私もやりたいけど教える人がいないやw

またここで変な人情報w

ホワイトボードを購入し、家で講義をやっている人もいました。
もちろん生徒は0人。

もう、こういう人が一発合格する人なんですかねw

一日ですべての科目を触る

これ、やろうと思ってもなかなかできないんですよね。
科目を変えることによって脳が活性化するんですって。
明日から絶対やります。

関連付け、ごろ合わせ

これは昔からやっていますね。

こんな感じで教えてもらったので、さっそく明日から実践してみたいと思います!!!
更に教えてもらったら追記していきます。

今日の勉強時間10時間3分
(今日は早く音読してみたいため早めに帰りますが、できる限り家で勉強します)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す